数秘読み士・認定講師について

 

 

愛と祈りの数秘を通じて
世界中の家庭に平安と喜びを創造する

そんな理想を掲げて、

大切な人(パートナー&子供、両親、仲間)と
愛の視座から繋がれる力を持つ女性を増やすこと

をミッションとし、

愛と祈りの数秘広め隊(数秘読み士と認定講師)は活動しています^^

活動メンバーは、
愛と祈りの数秘で学んだ
「愛の視座」や「祈りゆだねること」を実践し、

大切な人と愛からつながり、喜びを分かち合う・・・

そんな幸せと豊かさにあふれた日常を、
体験している仲間達です。

そして、自らが実践したことを
それぞれの才能あふれるサービスや在り方を通して、
周囲に「愛の視座」や「祈りゆだねること」を伝えています。

公務員の方もいますし、
会社員
アクセサリー作家
助産師
看護師
主婦
etc

といった様々な方が、それぞれの役割の中で、自らが体現することで伝えています。

もし、あなたが「私も広め隊のメンバーになりたい!」と望むのでしたら、

ぜひその一歩を踏み出してください^^

私たちはいつでも待っています♫

 

数秘読み士とは、愛と祈りの数秘のお話会や数秘セッションを通じて、<愛から世界を見ること><祈り委ねること>の智慧を手渡していく方となります。

数秘読み士になるには、以下の条件を満たすことが必要です。

1)愛と祈りの数秘の3部作をすべて受講すること
・Basic(3時間:15000円)
・Partnership(3時間:35000円)
・Familyship(3時間:35000円)

2)認定試験に受験し、合格すること
認定試験:37000円(再試験は7000円)
※数秘読み士の認定ロゴ(ディブロマ)発行代を含みます。

<数秘読み士の資格保持について>
なお、数秘読み士に一度認定されると、年会費等はかかりません。(登録費無料)

試験希望者は、宮城盛(sakarimiyagi@gmail.com) までご連絡ください。

 

認定講師とは、愛と祈りの数秘講座(Basic、Partnership、Familyship)、お話会、セッションなどを通じて、<愛から世界を見ること><祈り委ねること>の智慧を手渡していく方となります。
また、経済的、精神的、時間的自由を獲得し、自分が望むライフスタイルを実現していく(もしくはしている)方でもあります。
子育て中のママでも、副業としてバリバリ稼ぎたい方も、望む人生を叶えると決めた方なら応援します^^

認定講師になるには、以下の条件を満たすことが必要です。

1)数秘読み士である

2)認定講師講習を受けたもの
50万(2泊3日の合宿)
※交通費、宿泊費は別途ご負担ください

3)認定試験を受け、合格したもの
初回の試験費は50万に含まれています。再試験は、5万となります。

<認定講師の資格保持について>
年間12万円 (月1万円)
※1年契約となります。
※コンテンツ使用料などは全て1万円に含まれます。
※原則として現金一括払いとなりますが、分割払いをご希望の方は、Paypalにて希望の分割数でお支払いが可能です。(ただし、Paypalの決済手数料はご負担ください)

 

ビジネス例1)
副業としてバリバリ稼ぎたいママへ^^

(1年目)
月に1回Basic(3時間:定員4名)を開催し、3ヶ月に1回Partnership(3時間:定員2名)、Familyship(3時間:定員2名)を開催した場合

(講座収入)年間128万
・Basic:1.5万×48名=72万
・Partnership:3.5万×8名=28万
・Familyship:3.5万×8名=28万

(支払い)年間17万
・認定講師地位保持費用:12万
・講座修了証書代:1000円×50名=5万
※その他、諸経費はご自身で計算ください。

年間:111万円の収入となります。

ビジネス例2)
子育て中のママや家族との時間を大事にしながら数秘を伝えたいと考えている方

(1年目もしくは子育て中などで活動をゆっくりしたい時)
月に1回Basic(3時間:定員2名)を開催、年に2回Partnership(定員1〜2名)を開催した場合
(講座収入)年間50万
・Basic:1.5万×24名=36万
・Partnership:3.5万×4名=14万
(支払い)年間14.8万
・認定講師地位保持費用:12万
・講座修了証書代:1000円×28名=2.8万
※その他、諸経費はご自身で計算ください。年間:35.2万円の収入となります

 

私が望む生き方は、軽やかに叶えられる・・・
そんな成幸体験を、認定講師をきっかけに叶えていって欲しいな〜と思っています❤^^

>>愛と祈りの数秘とは

>>体験談

>>創始者&メンバー紹介

>>愛と祈りの数秘講座

>>数秘読み士・認定講師について
※お問い合わせは、各講師・読み士へ直接ご連絡ください。

 

PAGE TOP